薬剤師の給料と仕事内容の紹介ブログ

薬剤師のお仕事は色々な事が求められます。処方箋に従って調剤し、患者に薬の説明をして渡す服薬指導の他にも、 薬歴管理などもする必要が有ります。また、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社など、働く場所によって、求められる仕事も少しずつ変わってきます。

特徴的なところでは、調剤薬局では、医療事務として調剤レセコン入力業務も求められる場合もあります。管理人自身、パソコンは苦手で、レセコンの使い方などは練習しながら覚えましたが、簡単にはいかず色々メーカーさんに問い合わせしながら覚えて言った経験が有ります^^;

全国規模の求人情報を網羅している
薬剤師専門サイトが『エムスリーキャリア』です。

エムスリーキャリア株式会社はグループ会社も合わせると、
薬剤師の登録者数が10万人以上で業界最大簿の転職サイトです。

登録即日に最大10件の求人紹介が可能で、高年収の求人も多数で、 早期に好条件で転職を考えている方はまず登録するサイトでしょう。


>> 常時8000件以上の求人数!薬剤師登録者数No1のエムスリーキャリアの詳細を見る

※20秒で簡単に登録ができます



薬剤師の給料って良いの?どんな仕事内容なの?

そんなあなたの疑問にお答えするお仕事内容紹介ブログです。 6年制の薬学部に入学し、国家試験に合格しなければ資格取得はできませんが、病院やドラッグストア・調剤薬局・製薬会社など就職先も幅広く求人募集も多いのが特徴です。


就職・転職先によって、求められる仕事も違いますし、給料体系なども違います。

一般的に高給取りなイメージがありますが、病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬企業などの働き先の違いで給料も全然違うのです。

最も給料が良いのは製薬会社です。
筆者が以前働いた製薬企業は大手ではありませんでしたが、数年で年収500万、7年目で700万超えました。ただし、仕事としてはMRなどで医者を相手に営業する営業職の色あいが強いかもしれません。

ドラッグストアの場合は初任給が高いのが魅力です。
月に30万程度は最初から期待できますし、福利厚生も充実していて、赤ちゃんや小さい子供が居る場合でも、パートOKの所も多いです。しかし、薬の処方と言った本業以外の雑務も多いです。

病院や調剤薬局の場合は給料は少ないです。
月に25万円から30万円程度です。しかも仕事の方は結構ハードな業務を求められます。しかし、その反面、医薬を扱う機会が多いので、本業に専念できる事はやりがいがあります。

このように、働き場所で全く給料も仕事内容も違いますので、自分に合ったスタイルを見つけ出すことが一番大事だと思います。これから、資格取得を目指す方や卒業して就職先を探す方は参考にして見て下さい。

昨今は、インターネットでも色々な求人募集サイトがありますので、パートや正社員など、自分にあったスタイルでの転職・就職が可能です。自分に適した仕事があれば、採用されるかはともかく、まずはご応募して見てはいかがでしょうか?

当ブログでも、求人募集サイトを紹介していますので、是非見ていって下さい。(左サイドにあります)

薬剤師の給料と仕事内容の紹介ブログ:内容のご紹介

薬剤師の必要性について
医薬分業という言葉があるように、医療においては、医師と薬剤師が分業になっていますが、その背景について説明します。院内処方、院外処方、実際の仕事内容なども解説。

就職・転職にける需要と供給
過剰供給とも言われるほど、昨今、薬剤師の数は増えています。その需要と供給について、現在の状況を解説します。

薬学部の学費や制度について
薬や処方箋を扱うお仕事ですので、薬学部を卒業する必要があります。どのような大学に進めば良いかや、大学での学費や薬学教育制度などについて解説します。

国家試験
国家試験の概要について述べます。受験資格についてや、受験科目、合格率、そして資格の登録・申請・更新の制度について解説します。

仕事の適性
どんな人がこの仕事に向いているのかと言った適性や身に付けておきたい知識などについて解説します。その他、薬剤師法の規定などについても解説します。

就職先1:病院
病院内での仕事として製剤・調剤、服薬指導について解説します。また、薬歴管理の業務や注射薬の調剤、医薬品情報の管理などの仕事についても解説します。

就職先2:調剤薬局
調剤薬局での仕事内容について解説します。レセコン入力業務や調剤・監査、服薬指導などについて解説。その他、よくある質問のQ&Aもあります。

薬剤師の給料と仕事内容の紹介ブログ:トピックス